債務整理は司法書士でなく弁護士に任せるべき理由

債務整理は,誰に相談や依頼をすればよいのでしょうか?

債務整理の専門家を調べていると,「弁護士」だけではなく「司法書士」が出てくることも多いと思います。
そこで,弁護士か司法書士,どちらに相談するかを迷われる方もいらっしゃるのですが,実は,司法書士の行うことができる業務には制限があるのです。

ここでは,司法書士ではなく弁護士に債務整理を依頼すべきといえる理由について,詳しくご紹介していきます。

弁護士と司法書士ではできることに違いがある

弁護士は,法律の専門家であり,法律相談や相手方との交渉,訴訟手続きなどを代理して行うことを業務としています。

一方,司法書士は,本来,登記などを業務としており,法的な事案を扱うものではありませんが,一定の場合にのみ,法律相談や交渉などを行うことが認められています。司法書士が関わることができる事件は,簡易裁判所において取り扱うことができる民事事件,すなわち,訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない事件です。
つまり,司法書士は,債権者ごとのそれぞれの債務(借金)が,140万円以下である場合や,140万円以下の過払い金返還請求などに限り,扱うことが認められているのです。
このように,弁護士と司法書士では,できることに違いがあり,簡単にいうと,弁護士の方ができることの幅が広いのです。

債務整理を弁護士に任せた方が良い理由

上でご説明したように,弁護士の方が業務範囲は広いですから,基本的に,債務整理は,弁護士に任せた方が安心であるといえます。
それでは,具体的に,債務整理の種類ごとに,弁護士に任せるべき理由をご紹介していきます。

任意整理や過払い金返還請求を弁護士に任せるべき理由

任意整理とは,各債権者と直接交渉をして,借金の負担を軽減していく手続きです。
債権者との直接交渉は,一般の方では非常に困難ですので,通常,専門家に任せて進めていきます。

ひとつの債権者から140万円を超える借金がある場合には,先ほどご説明した司法書士の業務範囲を超えますので,司法書士に依頼することはできません。

複数の債権者からの借金がある場合,1社からの借金でも140万円を超えていると,全ての借金についての交渉を依頼することができませんので,全てをまとめて解決してくれる弁護士に依頼すべきです。

また,借金の金額を,ご自身できちんと把握されていない方もいらっしゃると思います。債権者に確認してみて初めて明確になるケースもあります。初めは140万円を超えない借金だと思っていても,確認してみるとやはり超えていたというようなこともあり得ます。

そのような場合,司法書士に依頼してしまっていると,140万円を超える借金があることが判明した時点で改めて弁護士に依頼し直さなければならない結果となります。そうなると,余分な費用や時間がかかることになってしまいます。

過払い金返還請求についても,140万円を超える場合には,司法書士に任せることはできませんので,過払い金が発生しそうな場合には,初めから弁護士依頼しておいた方が安心です。司法書士は,扱うことができる金額に制限があるために,低い金額で債権者と和解をしてしまい,弁護士に依頼していればかえってきたはずの過払い金が返ってこないなどというケースもあるようですので,注意が必要です。

自己破産や個人再生を弁護士に任せるべき理由

1.司法書士は自己破産や個人再生の申立手続を代理することができない

先ほど,司法書士が扱うことができるのは簡易裁判所の事件だけであることをご説明しました。

自己破産や個人再生は,簡易裁判所ではなく地方裁判所に申し立てをしなければなりません。司法書士は,自己破産や個人再生の申し立ての代理人になることはできないのです。そのため,もし司法書士に申立書の作成などをサポートしてもらったとしても,結局,申し立てを行うのは,自分自身ということになってしまいます。

弁護士に依頼すれば,弁護士が依頼者に代わって申し立てを行い,裁判所とのやり取りなどもすべて代行します。このように,申し立てから解決までをフルにサポートしてもらうためには,司法書士ではなく,弁護士に依頼する必要があります。

2.弁護士に依頼することで,かかる費用や時間を抑えることができる

弁護士に申し立てを代理してもらうと,個人で行う場合よりも手続きにかかる期間を短くすることができる場合がほとんどです。
また,自己破産の管財事件や個人再生の場合に裁判所に納めなければならない予納金も,弁護士が代理人についている場合の方が少なく済むことが多いです。
司法書士に依頼した方が費用は安く済むのでは?と考えておられる方もいらっしゃると思いますが,特に自己破産や個人再生の場合,トータルで考えると司法書士に依頼した場合の方がかえって高くつくというケースが少なくないと思います。

債務整理は弁護士にご相談ください

以上のように,債務整理を司法書士ではなく弁護士に依頼するメリットは多くあります。
借金問題で悩んだ場合には,まず,弁護士にご相談ください。