任意整理の手続きの流れとかかる期間について

債務整理のひとつである任意整理はどのように進み,どのくらいの期間で終了するのでしょうか?
任意整理は,裁判所を通す手続きではありませんので,弁護士に依頼してしまえば,比較的短期間で終えることができます。

ここでは,任意整理の手続きの流れとかかる期間の目安について,詳しくご紹介していきます。

任意整理とは

任意整理とは,裁判所を通すことなく,債権者との直接交渉を通じて,利息や遅延損害金をカットしてもらったり,返済期間を伸ばしてもらったりすることで,借金返済の負担を軽減していく手続きです。借金を整理するための手続きである債務整理のうちのひとつです。

任意整理終了後の完済までの期間は,3年程度になることがほとんどです。場合によっては,5年程度にしてもらえることもあります。

裁判所に申し立てて行う自己破産や個人再生と比較すると,手続きによって受ける制限が少なく,期間も短くてすむことが多いので,ハードルの低い債務整理であるといえます。

ただし,任意整理は,借金を大幅に減額したり免除してもらったりする手続きではありませんので,借金の額がそれほど大きくなく,安定した収入があって,3年程度の分割払いで完済できるような人に向いています。なお,月々の返済額を無理な額に設定していると3年程度の返済を続けていくのが難しくなってしまう人も多いので,余裕のある金額で返済計画を立てられる場合に任意整理を選択することをおすすめしています。

任意整理の手続きの流れ

任意整理の手続きのおおまかな流れをご紹介します。

① 弁護士への相談

まずは,弁護士にご相談ください。任意整理は,債権者との直接交渉が必要となりますので,通常弁護士などの専門家にご依頼いただいて進めます。また,債務整理には種類がありますので,現状を相談し,何をどのように進めるのがベストなのかについてのアドバイスを受けることも重要です。

② 受任通知の送付,督促・返済のストップ

弁護士にご依頼いただくことになって委任契約を締結した場合には,弁護士から各債権者に対して受任通知(弁護士が債務整理の依頼を受けたことを伝える手紙)を発送します。受任通知が届いた後は,債権者からの取立ては止まります(貸金業者や金融機関からの借り入れに限ります)。また,返済も一旦停止します。

弁護士にご依頼いただくとほとんどの債権者からの督促は止まりますので,債権者からの取立てにお困りの場合には,お早めにご相談ください。

③ 取引履歴開示

受任通知を受領した債権者から,弁護士に対し,それまでの取引履歴が開示されます。
受任通知の発送から取引履歴の開示までに,数カ月間かかることがあります。

④ 引き直し計算,過払い金返還請求

取引履歴をもとに,法律の上限金利(15~20%)に基いた引き直し計算を行います。計算の結果,過払い金が発生していることが明らかになった場合には,過払い金返還請求を行います。

⑤ 債権者との交渉,和解

債権者に対し,月々の返済額や返済期間など,どのような内容で新たな合意をしたいのかについて,和解案を提示し,交渉を進めます。
交渉がまとまると,和解書を作成します。

和解交渉は,短期間で終えられることもあれば,数カ月間かかることもあります。各金融業者によって,対応が大きく変わってくることがあります。

⑥ 和解内容に沿った返済の開始

和解で決めた返済開始月から,決められた金額を返済していきます。
完済までの期間は,3年~5年間ほどになることが多いです。

任意整理にかかる期間

任意整理の手続きが終了するまでの全体の期間は,具体的なケースにより様々ですが,早ければ3か月程度で終わることもあります。
債権者からの取引履歴の開示が遅れたり,交渉が長引いたりすることもありますが,6カ月間程度で終了することが多いです。

この期間,ご依頼者がご自身で行わなければならないことは,通常,特にありません。弁護士が債権者らと交渉を続けている間,お待ちいただくだけです。進捗は,その都度,弁護士からご報告させていただきます。

なお,過払い金返還請求を行う場合には,債権者の対応によっては裁判になることもあり,その場合には,手続き全体にかかる期間はより長くなります。

任意整理は弁護士にご相談ください

任意整理は,債権者との交渉です。一般の方が個人で行おうとしても,相手にしてもらえないことが多く,弁護士などの専門家に依頼しなければ,任意整理を成功させることは極めて困難です。この記事でご説明した手続きの流れも,弁護士が介入して進めることを前提としています。

弁護士にご依頼いただくことで,できるだけ早く,スムーズに借金問題を解決することが可能になります。

借金問題でお悩みの方は,まずは当事務所までご相談ください。