債務整理をするとクレジットカードが使えなくなるのか?

債務整理をするとクレジットカードは使えなくなるのでしょうか?
これは,債務整理を検討されている方がよく持たれる疑問のひとつです。
そこで,この記事では,「債務整理後に新たにクレジットカードを作ることはできるのか?」,また,「債務整理をする前から持っていたクレジットカードを使い続けることはできるのか?」について,解説していきます。

債務整理後は一定期間クレジットカードを作ることができない可能性が高い

債務整理を行うと,5年~10年の間,いわゆる「ブラックリストにのる」という状態になります。
すなわち,新たにクレジットカードを申込んだ際に,カード会社が審査で参照する個人信用情報に,債務整理をしたことなどがネガティブな情報としに登録されることで,審査に通らなくなってしまうのです。
ですから,通常,債務整理をした後は,しばらくの間,新たにクレジットカードを作ることはできません。

債務整理前から持っていたクレジットカードはどうなるのか?

債務整理の対象にしたクレジットカードは使えなくなる

クレジットカード会社からの借金を任意整理の対象にした場合,そのクレジットカードは解約扱いとなります。
弁護士からの債務整理の受任通知がクレジットカード会社に届いた時点で,そのクレジットカードは使えなくなるのです。

債務整理の対象から外すことができるケースはある?

任意整理では,対象にする債務を自分で自由に選ぶことができます。任意整理は,裁判所を通すような手続きではなく,任意にそれぞれの債権者と交渉をする手続きだからです。

ですから,残債が少額である場合などには,そのクレジットカード会社を任意整理の対象から外すというようなことも可能です。

一方,自己破産や個人再生の場合には,全ての借金を対象としなければならないので,クレジットカード会社だけを対象から外すなどということはできません。
もっとも,全く利用しておらず1円の債務もないクレジットカードの場合には,借金がないので,自己破産や個人再生の対象にもなりません。

残せたクレジットカードもいずれ使えなくなる可能性が高い

債務整理の対象とならないクレジットカードの場合,受任通知を送ることもありませんので,債務整理を行うことがクレジットカード会社にすぐに知られることは,通常ありません。
ですから,そのクレジットカードは,しばらくの間使い続けることができる可能性もあります。
もっとも,クレジットカード会社は,更新の際には信用情報を必ず確認しますし,更新の前であっても,定期的に与信審査を行うことがあります。
債務整理後に信用情報を確認されると,ブラックリストにのっている状態であることが明らかになってしまいますので,その時点で,クレジットカードが利用停止になってしまう可能性が高いのです。
したがって,債務整理の対象からクレジットカード会社を外すことによって残すことができたクレジットカードも,どこかのタイミングで使えなくなってしまうのです。(利用停止の判断は,個々のクレジットカード会社が独自に行いますので,例外もあり得ます。)

クレジットカードが使えないことにはメリットもある

クレジットカード会社を任意整理の対象から外すなどして,債務整理後も利用できるクレジットカードを残してしまうと,せっかくの債務整理が無駄になってしまうおそれもあります。
クレジットカードが残っていることで,新たな借金を重ねてしまうケースがあるからです。
ですから,債務整理をする場合には,思い切ってクレジットカードはしばらくの間使わないようにした方がよいともいえます。

デビットカードなら利用することができる

とはいえ,クレジットカードがないと,ネットショッピングなど,不便なこともあるかもしれません。

そのような場合には,デビットカードを利用することも考えられます。

デビットカードは,クレジットカードのように,カード決済のために利用することができますが,即時に銀行口座から利用額が引き落とされるもので,自分が現に銀行口座に持っているお金を使うのと変わりがありません。そのため,クレジットカードとは違って,信用力は問題にはならないのです。

ですから,デビットカードであれば,ブラックリストにのっていても,利用し続けることや新たに作成することができるのです。
なお,デビットカードは,任意整理の場合だけではなく,自己破産や個人再生をした場合でも,同様に使うことができます。

債務整理の生活に与える影響については弁護士にご相談ください

債務整理を行うと,クレジットカードが使えなくなったり,ローンが組めなくなったりといった影響が出る場合があります。場合によっては,持っている財産を手放すことになるケースもあります。

債務整理後にどのようなことが起きるのかをきちんと把握せずに手続きを進めてしまうと,思わぬ問題に直面することもありますので,事前に専門家である弁護士にご相談いただき,きちんと先を見据えて進めるようにしてください。

弁護士にご相談いただければ,債務整理後にどのように生活を再建していくのかも含めて,的確なアドバイスを受けることができます。